型染め

型染め による 藍染ワークショップ

ワークショップの内容
日本の伝統技術の一つである “型染め” のワークショップを行います。
染料は藍を用い、シルクの染色を行います。
 “型染め”
日本の伝統技法のひとつである型染めは、和紙を柿渋液によって耐水性を持たせ、意匠を切り抜き、餅粉と糠を混ぜた専用の糊を布に定着させ、乾燥させた後染め上げる技法です。その後、糊を洗い流すと、模様の部分が白く残ることになります。 奈良時代を起源とし、江戸時代には江戸小紋などが有名です。
型染めの工法はこちら:
材料代は料金に含まれています。授業で制作した布は各自持ち帰っていただきます。

プログラム:

3月24日 / 15:00-17:00
型染め 植物染料の藍を用いたワークショップ

備考:
サイズ 50x50のシルクハンカチーフ制作
防染糊の作り方
40€ (材料代は料金に含まれています。)
参加人数 最大10人

予約はこちら
クリック…

住所: Spazio Yatta – Viale Pasubio, 14, 20124 Milano
メトロ : “Pt.Garibaldi,Moscova,Monumentale” (10 min a piedi)
ウェブサイト: http://www.spazioyatta.it/

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください