絞り染めって?

絞り染めは日本の伝統的な染色技法のひとつで、糸や板、ゴムなどを用いて布を縛り、あるいは縫い締め、折りたたんだ状態で布を染め上げる技法のことを言います。締め上げた状態で、染料に浸すことで様々な模様を生み出すことが出来ます。この技法を用いてスカーフやハンカチーフの制作、着物制作へも展開していきます。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください